もし地方に別荘を持ったら、実現したい10のこと

LINEで送る
Pocket

僕はイケダハヤトさんの高知移住はアリ派です。

移住には夢がある

裏表紙に

「東京」と「地方」の常識が変わる一冊

と書かれてるんですが、はい、そうなんですよ。

僕の場合は、根拠のない、地方移住に対する拒否反応みたいなものが無くなりました。

いや、それどころか、移住にはI have a dream.みたいな世界観があるなと思うんですよね。

 

住民税を稼げば、それだけ町が潤い、行政サービスも充実します。こどもの教育も、高齢者の介護も改善するでしょう。町の魅力が高まれば、優秀な人が集まり、さらに稼げるようになっていきます。このように、稼げる個人は、町に大きな影響を与えることができるんです。ワクワクしませんか?


はい、します!ワクワクしますよ!

もっともっと話を広げると、地方では、自分の力で社会システムすら作れてしまうんですよ。いってみれば「国づくり」です。
僕はこんな夢を見ています。まず、がっぽりお金を稼ぎます。で、住民税を納めて魅力ある町にしていただきます。ビジネスをどんどん拡張し、優秀な若者を雇用し、町の経済、コミュニティを豊かにしていきます。


なるほどねぇ、東京よりも圧倒的に小振りだからこそ、シムシティのような超当事者意識が芽生えるんですね。

言わんとしていることはごもっとも。「海外移住とかより、国内移住でいいんじゃないの?」と思っちゃいますね。

地方に別荘を持ったらやりたいこと

「そんなに地方移住したいんだったらすりゃーいいじゃん?!」

ですよね。そうは思うんです、ただ、今すぐは・・・

いや、今すぐどころか、基本ないです。。背負ってるものが大きいんで。

でも、「地方に別荘を持つ・・・」なら可能性がないわけではなさそうです。

身の回りにも確かに若干名いますしね。別荘保持者。

そこで、仮に「地方に別荘を持ったらあんなことやりたいな、こんなことやりたいな」なんていう妄想せっかくなので、備忘録としてメモっておきましょ。


自転車に乗りたい

いやー、まずこれ。

実はせいぽん、かれこれ10年くらい自転車に乗ってないんですよね。

下手すれば自分はもう二度と自転車に乗らないんじゃないかって思うんですよ、まじで。

あの若かりし頃のように、自転車で風切って疾走したいなぁ。

電動自転車とか1回くらい乗ってみたいよ。坂道とか楽に登れるんでしょ?

車を運転したい

車の免許ねぇ。

あるんです。

持ってるんですよ。

1回も乗ってないけど。

地方だと乗らざるを得ないっていうでしょ?せっかくだから乗りたい。

マニュアルとかオートマじゃなくて、あの自動運転できるやつに乗りたいですね。

「やっちゃえ、日産」ってやつ。

・・・今の免許のままで乗れるか不安だけど。というか免許の期限っていつだっけ?

畑で食べ物を栽培したい

庭でも別にいいんですけどね、畑で食べ物栽培してみたいです。

芋とかごぼうとか、いちごとか。食べ物を生産してみたいです。

それを自分たちで食したいし、場合によっては出荷してみたいですね。

なんかこう、ブログもそうだと思うんですけど、自分の手掛けたものを世の中に出していきたいですよね。

一軒家に住みたい

動機は自転車や車と同じです。

今、東京のマンションに暮らしている私せいぽんは、人生でもう二度と一軒家に住む可能性が・・・ほぼ無いんですよ。多分。

宝くじとか当たれば別ですけど。

そう考えると、一軒家、住んでみたかった・・・

テニスコートを作りたい

最近の趣味、テニス。

インドア・アウトドア、両方のテニスコートが家に欲しいですね。

毎日テニスして、疲れたら家帰って寝て。起きたらまたテニスして・・・。

時には地方大会なんかも主催しちゃったりして。

修造チャレンジとかとコラボしちゃったりして。

コート何面あるんだって感じですが。

民宿を提供したい

ホームステイでもいいです。

なんかこう、外国人のような分かり易く異色の人材を招き入れたいですよね。

家庭内の黒船って感じで。きっと楽しいですよ。子供たちも刺激受けるはず。

日本中を転々としたい

1つの地方に何も永住するつもりはないわけです。

せっかく日本に住んでるんだから、せめて大きな粒度の地域ごとには住みたいですよ。

東東京、西東京、関東、甲信越、東海、関西、中国、四国、東北、九州、北海道、沖縄。

・・・たくさんあるな。

日本、広!人生の時間が足りない気がしてきたぞ。

プロブロガーになりたい

地方で移住しながらコンテンツを書いて収入を得る。

はい、やっぱりブログで飯食いたいですよね。

イケダハヤトさんに共感する理由の1つはやはりこれ。せいぽんも地方のコンテンツをバンバン書いていきたい!

地域の財閥を作りたい

香川県出身の自分としては、やはり地元に貢献したいもんです。

贔屓にしたいですよ、そりゃ。

大きな畑で名産品作って、それなりの規模のテニス大会作って、あやよくば何らかのビジネスも・・・、って考えていくと、これってよくある地方の財閥なんじゃないかと思ってきた。

地場の不動産とか押さえてて、“名士”みたいな表現をされる人たちですよ。

ただ、ああいう偉ぶった感じというよりは、もっと質素な状態を目指したいもんです。

バーを作りたい

ダイニングバーでアルバイトしてたころから思ってたんですよね、バーっていいなぁって。

同窓会とかってわざわざ企画して実行するの面倒でしょ。

だったら、「俺の店で準備するから、同窓会しようぜ」なんて言えた方がいいじゃないですか。

人が人を呼んで、場合によっては数十年も会ってない人と、あーだこうだ語り合う。

同窓会だけじゃなくて、旧知の仲間と日常的な喜怒哀楽を共有しあう。

そういう場つくりが出来ればいいなぁなんて思うんですよね。

ただ、べしゃりは自分は苦手なんで、、、誰かに任せよっと。

将来はこういうのもAIこと人工知能になるんだろうかなぁ。

地方移住は脱サラ、別荘は副業するようなもんだと思った

うん、我ながらよく10個もひねり出したな笑

一番のレバレッジポイントはテニスコートなんでしょうね。これがあれば人生が変わるw

問題なのは、別にこの別荘保持って選択をしなくても生きていけてしまうことですね。別に緊急度も重要度もそれほどないわけだし。

結果、別荘って選択も、地方移住よりはそりゃ現実的だけど、なかなか悩ましいなって感じてしまうんですよね。

そして人は選ぶんでしょう、別荘を構えるのではなく、別荘を構えるところに普段の家を持つというあの生活を。

うーん、通勤の負荷が読みきれないが、そういうのもありなのか・・・?

みなさんは地方移住、別荘保持、そして、遠距離通勤。これらについてどう思いますか?

せいぽんは、しばらくこの妄想でヒマ潰せそうです。

ほんだらのー。

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket

関連するキーワード: