東京ガスのミュージアム、”がすてなーに”。何でもガスに結びつけるその執念が凄い。

LINEで送る
Pocket

今日は豊洲にある東京ガス提供の体験型ミュージアム、 ”がすてなーに”に行ってきました!施設名の微妙な響きとは裏腹に、無料でいろいろ楽しめて、普通に楽しかったですよ。こういう企業提供型の施設はハズレがなくていいね。

”がすてなーに”なにそれ

東京ガス : がすてなーに

2014-09-15_1413

 

さて、まず、「”がすてなーに”って何ですか?」という点を説明しておきましょう。

名前が過去西武に在籍したデストラーデ選手に似ていますが、全くつながりはありません。”がすてなーに”は東京ガスがやっているガスミュージアム。豊洲駅から徒歩7分くらいのところにあります。

コンセプトはこんな感じ。

緑の丘のような、不思議なかたちをした「がすてなーに ガスの科学館」では、 エネルギーやガスのひみつを探検したり、クイズや実験にチャレンジしたり、 “暮らしを支えるエネルギー・ガス”の役割や特長を楽しみながらご理解いただけます。 地球の恵みであるガスの世界の「なるほど!」を実感してください。

うん、なんか真面目な感じですよね。前から存在そのものは知ってはいたんですけど、なんとなーくつまらなさそうな印象があって、スルーしてたんですよね。

ところが。

どうして、わざわざ3連休の最後に行こうと思ったかというと、”夏野菜を使ってコースターを作ろう”という企画があると知ったからなんですよ。どんなもんかなーと思って。

2014-09-15_1418

 

結果、いろいろ楽しめたので、簡単に体験記書いておきましょう。

何でもガスに結びつける執念を感じずにはいられない

開館は朝の9:30から。せいぽんが着いたのはそのちょっと後でしたが、さすがに3連休の最後にデストラーデ、否、がすてなーにに行こうという人は少ないのでしょう。見事な落ち着きぶり、混雑とは無縁です。

しかし改めてロゴを見て凄いと思いました。施設コンセプト、

「エネルギーの?(はてな)を学び、!(なるほど)を実感」

のまさに”?”と”!”が普通にひらがなに溶け込んでいるですもん。これ、考えた人なかなか凄くない?

 

一応、ガスの科学館らしく、ガス管のようなものがあったり、サイエンスショーをやってたりするのですが、

 

とはいえ、子ども向け施設。

お約束通り、様々な遊び場があります。これはガス管版のレゴ・・・みたいなもの。

 

ガスの力を感じてもらうためなのでしょうか。自転車の空気入れを使ってボールを押し入れるゲームもあります。

 

なぜかガス管を使ったアスレチック。

 

そしてここでなぜかPCで弁当を作るゲーム。

このあたりからガスとのつながりが曖昧になってきます笑

ちなみに、4歳の長男はスマートフォンやiPadは使いこなすわけですが、マウスについては慣れていないようで苦労してました。「ゲームのコントローラじゃないからな、机と接してなきゃいけないんだよ」といってもすぐ掴んで手元でホイールをくるくるしてたり。そういう意味ではまぁ、貴重なマウスを使う機会ということで良しとしよう。

 

さて、これは主目的の野菜スタンプ。切られた野菜が転がっていて、それをインクにつけてペタペタするという単純なものなのですが、

 

やってみると意外と楽しい!オクラとか綺麗な星形になって存在感を発揮してました。普段、オクラの形なんて全く考えてないので、新鮮な驚き。

 

そして気球。まぁ、これはガスミュージアムらしい取り組みですね。バーナーでちゃんと熱せられてましたよ。

 

 

これは自転車を濃いで電気を作る遊び場。

我が長男は自転車のペダルに足が届かず、手でくるくる回して発電してました。

 

さて、これが個人的には一番の掘出し物。ガスから発展して地球に優しいエネルギーという文脈で、電気自動車やEV、ソーラーカーといった類いの自動車を運転するゲームがあるんですよ!

もはや、全然ガスミュージアムっぽくない笑

 

画面はこんな感じ。

マリオカートと同じく時間との勝負はあるんですが、信号無視や速度制限オーバーなんかもNGというのがミソ。我が長男は赤信号無視を3回繰り返し、終了時間を待つことなく強制終了となってました笑

いや、でも、普通に楽しいなこれ。

 

さて、続いてミミズ。写真じゃ分かりづらいと思いますが、相当でぶっちょ。ただ・・・もはや、なぜ、ガスミュージアムにミミズがいたのかが思い出せない>< ゴミを分解するとかエコがどうのとか、確かそんな話だったと思うんだけど・・・

 

続いて、お買い物ごっこ。予めカードに書かれたものを選んでレジに持っていきましょう、というやつなんですが、・・・これもガスやエネルギーとは何のつながりも感じられないですよね?

 

ところが、これまたこういう文脈なんですよ。地球に優しいエネルギーっていうね。

 

ほかにも取り上げきれない様々な遊び場があって、まぁ普通にいけば2時間くらいは滞在出来ちゃいそうな感じでした。

”がすてなーに”、最後に印象を纏めておくと、正直、施設の名前『がすてなーに』だけ聞くと微妙ですが、料金無料で、これだけのコンテンツが揃ってるというのは意外といいなと。

2014-09-15_1508

場所は豊洲なので、何かのついでに来るってのがいい感じだと思います。すぐそばにららぽーとやキッザニアもあるし。

いやー、先日のソニー・エクスプローラサイエンスといい、ドットDNPといい、東芝未来科学館といい、企業提供系の施設は良いですね。次はリスーピアだな。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket

関連するキーワード: , , ,