[体験記]葛西臨海水族園に行ってきた

LINEで送る
Pocket

前回のエントリに引き続き、葛西臨海公園体験記第2部として、葛西臨海水族園の体験記をお送りします。前回のエントリをご覧でない方はそちらから御覧下さい!(ご参考⇒[体験記]葛西臨海公園に行ってきた! | ikuzine

噂に違わぬ、ハイクオリティの水族館!

というわけで、公園内のレストランでお昼を済ませ、いざ、葛西臨海水族園へ。

 

 

これが噂の建物ですな!

 

 

尚、葛西臨海水族園の公式サイトはこちら。入園料は700円(小学生以下無料で良心的!)。ベビーカーは入り口で預けられます。

葛西臨海水族園公式サイト – 東京ズーネット

2013-11-14_1738

 

実はせいぽんはあまり知らなかったんですが、この葛西臨海水族園、前評判がかなり高いというか、みんな良いと言うんですね。なので、自分の中でかなり期待値高くして行ったんですが、、、

入るといきなり、サメとイワシと謎の目が横についたエイがいまして、「すげー」と思うのも束の間・・・

 

 

隣の大きな水槽にはマグロやカツオが!

マグロが泳いでいるのを生で見た事がなかったんですが、相当デカいんですね。そして無骨な顔。ずーっと水槽の高いところを泳いでいて、それを見た子どもが「何でマグロは上の方ばかり泳ぐんだろうね?」と聞いてくるから、せいぽん「うーん、空いてるから泳ぎ易いんじゃん。魚少なそうだし」・・・と答えたけど・・・どうなんでしょう?

 

 

↑の写真じゃマグロの姿が分かりづらいので、その場にあった魚図鑑をご紹介、、、

 

 

ですが、まだ分かりづらいので、スタンプの絵をご紹介。これがマグロの特徴を一番表している気がする。

 

 

さて。

他にも今まで水族館で見た事がないような魚がわんさか。親子揃ってすげーすげーと連呼してました。これとか、なんか形変でしょ?

 

 

これも頭の角みたいなのが特徴的。

 

 

君は土の中から顔を出して・・・可愛いやつだね。

 

 

1つ1つのお魚さんの表示はこんな感じ。ふむ。このあたりはすみだ水族館と比較出来て面白いかも。(参考エントリ⇒[体験記]すみだ水族館に行ってきた! | ikuzine

 

 

それにしても綺麗だなぁ。

 

 

美し過ぎる。

 

 

このタツノオトシゴもどきな物体も魚です。珍しい&意外とデカい。

 

 

と完全に見惚れていたら深海の生物コーナーを発見。ここのエリアは本当に見た事ない魚ばかりで驚きましたが、一番ウオって思ったのは、

 

 

これ。なんというか・・・詳しくは現地でどうぞご観察ください!全体的に深海コーナー、面白かったです。他のエリアよりも若干暗くなっていて雰囲気もバッチリ出ていました。

 

 

外に出られて、いろいろ触れて・・・!

順路に従い一度外に出ると、そこもなんと展示場になっていて、

 

 

貝やウニやヒトデがいました。どうやら”しおだまり”というスポットで、お触りしたり、ボランティアでいらっしゃるスタッフの方に質問出来るコーナーのようです。

 

 

こんな感じでウニなんかに触らせてもらえます。ボランティアスタッフの方が本当にいい人で癒されました。

 

 

更に外にいくとペンギンコーナー。よくあるペンギン山だけじゃなく、

 

 

スイスイーっと泳いでいる姿も見れます。

 

 

 

さてさて、この水族館、まだまだ続きまして(なんだか疲れてきました)、こんどはタッチンフィーリンというコーナー。混雑していますが、それもそのはず、泳いでいるエイなんかに触れるんですよ。珍しいでしょ?

 

 

結構素早いのでタッチするのがなかなか大変でしたけど、子どもも触ることが出来て嬉しそうでした。せいぽんも触りましたけど、想像以上にエイはツルツル。びっくり。

 

 

タッチンフィーリンを上から見た絵。

 

 

いやー、かなり駆け足ですけど、以上です。ぶっちゃけ、想像以上に見所が多いし、楽しかった。個人的にはサンシャイン水族館やすみだ水族館よりもいいなと思いました!

この後、帰途につきましたが、子どもはすぐに撃沈してダークサイドに落ちて行きました。

 

 

ベビーカーを持ってきておいて良かった。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket

関連するキーワード: , ,