[体験記]チャギントンランド2013サマーフェスティバルに行ってきた!

LINEで送る
Pocket

お盆シーズンのこの時期は、子ども向けイベントが真っ盛り。各所でいろんなイベントやっていますが、せいぽんは酷暑を鑑み、なるべく近場をチョイス。(注:2014年の春のチャギントンランドの体験記はこちら!)


そんなわけで、東京都/品川のグランドプリンスホテル高輪、チャギントンランド2013サマーフェスティバルに行ってきました!子どもが想像以上に楽しそうだった・・・良かったです、これ!

チャギントンランド 公式サイト

#予定メモはこちら。

チャギントンランド2013サマーフェスティバル(2013/08/05-2013/08/22)

賑やかなチャギントン!

チャギントンの特長の1つ。それは明るくて賑やかなこと。似て非なるものに機関車トーマスがありますが、そのトーマスと比較すると原色が多く、音楽がポップなんですよ。しかもダンスもあるんですよ。日曜日の朝っぱらからトーマスもチャギントンもTVやってますので是非比べながら観てみてください。

正直、せいぽんは最初の頃、「チャギントンってなんだか騒々しいな」とか、「チャギントン?あまり聞いたこと無いけど・・・」と思ってましたけど、なんか最近、嫌いじゃないかも。やっぱり、子どもはこういう原色ギラギラの明るい感じが似合いますもんね。

というわけで、まずはいつもどおり写真でイベントを振り返りましょう。

さて、入り口。伝わりますかね、この時点で機関車トーマスと比較して明るい感じがしませんか?

 

 

会場内はこんな感じ。9:00からやっているところを10:00過ぎくらいの到着でしたが、それなりに空いていました。暑さのおかげ?(でも11:00くらいからは急に混んできました)

 

 

中には大きな列車が走っています。お馴染みの光景ですよね。でもですね、ここまで分かり易く踏切があるイベントはなかなか見ないような。更に珍しいのは三輪車があること。今までいろんな場所に子どもとお出かけしてきたけど、三輪車は考えてみればあまり見ないなぁ。灯台下暗しってやつでしょうか。我が子も楽しんでくれました。

 

 

次はお馴染み、滑り台。チャギントン系イベントではいつも登場している気がします(参考:[体験記]わくわく鉄道ランド | ikuzine

。「Let’s ride!!」と叫びながら子どもが滑ってきます。その手前は写真撮影する親御さんたちでいつもごった返してるんですよね。

 

 

これまたチャギントン系イベントではお馴染み、ボールプール。子どもは病的に好きですよね、これ。この柱もいい味を出してまして、我が子は必至に蹴りを入れたり、スタッフが「柱を倒さないで!」って叫んでるのに抱きついて柱ごと倒れてました。いやー、笑っちゃいけないのかもしれませんが、このスタッフの無力感に同情しつつ、その光景に一人吹いていました。すいません。

 

 

戦利品1号。謎のビニール棒。帰宅後、我が子とせいぽんとのチャンバラごっこに巻き込まれ、早くも空気が漏れ出ている気配です。

 

 

戦利品2号。ビニールヨーヨー。これはもう少し丈夫そう。帰宅後も戦火に巻き込まれること無く、佇んでいます。

 

 

以上、写真、終わり!

 

チャギントン流!入替制プレイスポットの活用

こういった子ども向けのイベントの大半は入場料+プレイチケット11枚分(1100円相当の11枚綴りを1000円で購入出来る)という料金体系です。今回のチャギントンもそうですし、覚えている範囲では、プラレール博なんかもそうでした(参考:[体験記]プラレール博 in TOKYO に行ってきた! | ikuzine)。

ただし、今回のチャギントン系イベントには他のイベントと1つだけ違う点があります。

それは入場と同時に、中でやっている”チャギントンランド”という時間入替制の遊び場の時間が決まること。

”チャギントンランド”とは、上の写真の滑り台やボールプールなんかがある、いくつかの遊び場が合体したエリア。入場しちゃえばそれらの遊び自体にお金は発生しないのですが、会場キャパ的に限られた人数しか入れないようになっていて、30分ごとの入替制なんです。

で、入替制で”チャギントンランド”に入れる時間が入場と同時に予め決まる。

これはいいですよ。列に並んで時間を無駄にすること無く、その時間まで別のアトラクションで遊んで、時間になればその”チャギントンランド”に行けばいいんですから。場合によっちゃ一度出て、再入場して戻ってくるのもありですからね。

他の多くのイベントは往々にしてこうじゃありませんよ。それらと比べるとなんともスムーズで心地よい。

不思議ですよね、こういう良い体験をすると、なぜだかせいぽんもチャギントンのファンになるという・・・

まぁ、そんなもんか。

ほんだらのー!

<参考/その他鉄道系イベントの体験記>

[体験記]大満足!鉄道博物館はオススメ度高し! | ikuzine

[体験記]原鉄道模型博物館 | ikuzine

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket