自称週末イクメンがブログを書く理由

LINEで送る
Pocket

先日書いたこのエントリに習い、せいぽんも、自分がどうして”自称週末イクメン”を名乗ったり、”ikuzine”というブログを書いているのか、その理由・きっかけを改めて考えてみました。

イケダハヤト版『あなたはなぜそのレンガを積んでいるのですか』 | ikuzine

2013-07-21_0043

(↑このWHYの部分に関する話ですね。「何の話?」ということは上記のリンクをポチっとな)

整理されていない&ちょっぴり真面目な内容で恥ずかしいですが、何かを感じとった方がいらっしゃったら、是非いろいろ意見交換してみたいですね。

では、ざっくり

・「せいぽんはこう思ってるよ」、

・「だけど、ここが問題なんです」、

・「だからこんなこと考えながらブログ書いてます」、

という流れでラフ案です。

 

パパと子どものお出かけは一石三鳥!

子どもが2歳や3歳くらいになってくれば、1人で歩けるようになって、好奇心も旺盛な時期。いろんなものを見て刺激を受けてはあーだこーだ言葉を発してくれるようになります。パパ/ママとしては、そんな子どもと一緒にいろいろお出かけしたいことでしょう。

せいぽんも勿論そう思っています。

その前提のうえで、せいぽんは(自分がパパという立場もあり)パパが子どもとお出かけすることを特にお奨めしたいです。

理由はこんなとこでしょうか。

  • a)パパ自身にとって、子どもと触れ合う機会、時間が増える。
  • b)パパ自身にとって、子どもと遊びにいけば、それ自体が妻や知人/友人に話す経験、コンテンツになる。
  • c)ママにとって、パパが子どもと外出すれば、妻に自由時間が出来て、妻のストレスが軽減される。

aやbは良くありがちな話だと思っていますが、実は何気にcが大事なんです。だってこんなデータがありますからね。

育児ストレスの解消に必要なのは「自分一人の時間」8割強(パルシステムの調査結果より。)

#関連エントリ:育児ストレスと休日のパパ | ikuzine

今の時代、パパがいかにママに自分の時間をプレゼントするかも問われてるんですよ。そう考えると、パパと子どもの組み合わせでお出かけして妻の負荷を軽減するということって凄く理にかなってるんですよね。

ところが、です。

 

”子どもとお出かけ”するにも、どこ行きゃいいか分からん!

パパは思いました。

「よーし。今週末は子どもと遊びにいこう。妻には一人で買い物にでも行ってもらってリフレッシュしてもらおう!」

でワクワクしながら考えるわけです。

「どこに行こうかなーっと。」

行き先はいろいろありますよね。例えば動物園、水族館、この季節だとプール、とか。でもですね、こう思うんです。

「動物園はこの前行ったし、水族館もこの前行ったし、、、うーん、なんかもうちょいと変わったところ、ないのかよ?!」

子どもに喜んでもらえればいいはずのお出かけスポット。それは分かってるんです。親の意見より子どもの意見。そーですよね、でも、連れていく身としては、「さすがに毎週動物園はちょっと・・・なぁ?」と思うはず。でこうなります。

「どこに行けばいいのか分からん。分からんぞゴルァ!」

・・・

せいぽんは、子どもとお出かけするスポットや遊び場に関して、「知ってれば行ったのに、知らなかったから行けなかった・・・!」という経験が沢山あります。せいぽんだけじゃありません。周りでも頻発してます。

上野動物園という超有名な場所は知ってるんです。でも、スポットスポットで行われるイベントは情報が纏まっていない。でも実は知らないだけで行われているイベントや遊び場は相当量あるんですよ。

例えば、「ディズニーライブ」や「ディズニー・オン・アイス」というイベント。ディズニーという名前がついていることから比較的有名かと思われるこのイベントですが、実はせいぽんがこれらのイベントを知ったきっかけは、たまたま加入していたクレジットカード会社からのDM。そして後で分かったこと。周りでもこのイベントの存在を知っている人と知らない人がいたんですよね。そしてイベントをご存じない方に聞くと皆さん、こう仰るんです。「知ってれば行きたかった」。

[体験記]ディズニー・オン・アイスに行ってきた! | ikuzine

例えば、まさに今やっている大昆虫展。これなんてせいぽん自身もたまたまTVで知って、翌日行けましたけど、知らなかったら行けませんでしたよ、きっと。小さな子どもを持つ都会のパパには抜群にウケ良さそうなのに、気付く場がない。

[体験記]大昆虫展で熱”虫”症!カブトムシとクワガタ触り放題! | ikuzine

例えば、東京大学の五月祭。これなんて一見子ども向けのイベントじゃないですよね。ところが、あるんですよ、子ども向けのパビリオンが。せいぽんはたまたま妻が東大の学生から保育園前(幼稚園前?)で営業を受けてたから知りましたけど、ほとんどの人は知らないはず。「知っていたら行ったのに・・・。しかも子どもと一緒に東大に入れるなんて楽しみ!」って人もいたかもしれませんけど、何も知らないまま日々が過ぎ去る、そんな感じでしょう。

[体験記] 東大五月祭/大学祭にも子ども向け遊び場が登場! | ikuzine

何もイベントに限った話じゃありません。年がら年中やっている鉄道博物館や親子カフェなんかも知っているか否かで行く/行かないが決まってしまう。

これって問題だろう、イケてないだろう、そう思うんですよね。

[体験記]大満足!鉄道博物館はオススメ度高し! | ikuzine

[体験記]可能性溢れる親子カフェ、スキップキッズ | ikuzine

 

子どもとお出かけする場所や遊び場を纏めたい!

子どもとのせっかくの楽しい機会。それを生み出せる可能性があるのに、現状は放置プレイ状態。

これをせいぽんはなんとかしたい。子どもとお出かけするスポットの情報を纏めたり、子どもの遊び場の整理したいんですよね。

「行く行かないは置いておいて、少なくとも行く/行かないを検討出来る状態にはしたい」、「可能な限り、子どもとお出かけするスポットや遊び場を事前に知りたい/知らせたい」。

そんなことを日々もやもや考えながらikuzineを書いている、とそんなわけなのです。道のりは長い・・・ですが、地道にやっていきたいと思います。

ほんだらのー!

#応援して頂けるという希有な方がいらっしゃったら、是非、「いいね!」をポチっと宜しくお願いいたします!私、せいぽんが喜びます。

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket