極めて”ブログ的”な本、『武器としての書く技術』

LINEで送る
Pocket

日本を代表するブロガーの1人(と勝手に思っている)、イケダハヤトさんの新刊、『武器としての書く技術』。

この本、凄く良いです。”Webという大海原でいかにブログを書くべきか”、というHow toの部分にフォーカスしていて、ブログ場に何か書く/表現するということについて充実の内容になってます。

でも、それだけじゃないんです。一通り読み終えて気付きましたよ。この本自体にも”イケダハヤトのブログ技術”が詰まりまくってますね。

 

著書名と章の名前もブログ的に書くとこうなる!

思い出してみて下さい。本書の題名に”武器としての”という言葉が入ってますが、これ、見覚えありませんか?

読書好きの方なら閃いたことでしょう。そう、あの方の、ヒットした本です。

 

 

せいぽんは思うんですよね。きっとイケダハヤトさんはここにヒントを得たのではないかと。で、題名に”武器としての”という言葉を入れて、本屋で目の前を通った人に瞬時に訴求しようとしたんじゃないかって。

これってまさに本書に書かれているストリートミュージシャンが目の前を通る人たちの足を止める方法そのものですよね。いやー、ネットだろうがリアルだろうが余すところなくその実力を見せつけてくれます。

加えて目次。正確には章の名前。これはもう言わずもがな。「ブログでこういう題名の記事があれば思わずクリックしたくなる」ものばかりなんです。本書で”記事のタイトルを工夫する”方法として謳われていた、数字の強調はもちろんのこと。役立つ情報の明示、簡潔明瞭なタイトルが心掛けられていて、極めてブログ的です。

  • 1章:文章が残念な人の10の特徴
  • 2章:凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法
  • 3章:月40万字書き続けるぼくの12の秘密
  • 4章:ここまで公開していいのか?書いて月50万円稼ぐ法
  • 5章:書く技術はこんなに人生を豊かにする

『武器としての書く技術』はリアル書籍にも通用する

イケダハヤトさん流ブログのノウハウを取り入れた本書を読んで思ったこと。それは、Webという大海原でのサヴァイヴするための、『武器としての書く技術』はリアル書籍にも余裕で通用するということです。圧倒的に分かり易く、スムーズに頭に入ってきますからね。手元にある別の本の題名と目次欄と見比べてみると、その”ブログ的”なるものの存在感にびっくりしますよ。

こういう事象を目にすると、リアル書籍の題名や目次なんかも表現される内容が緩やかに変わるんだろうなって気がします。「リアルな本屋だろうが、ウェブな空間だろうが、本を読んでもらいたい時に目の前を通る人の足を止める」という本質の部分は変わりませんしね。

ネット上の様々な記事と同様、リアル本の題名や章の名前を効果的に見せたいというニーズが高まるでしょう。本来それは出版社の方々がやるのでしょうが、イケダハヤトさんも適性アリなんでしょうね。そのうち、ネットとリアル問わず、題名や、リアル書籍の目次の名前をコンサルティングするような仕事を始めちゃったりして。まさにihayato書店長、ihayato編集長。いやはや。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket