[体験記]初めてのスタジオアリス

LINEで送る
Pocket

せいぽん、先週末に念願のスタジオアリスに行ってきました。

噂ではいろいろ聞いていまして、存在も当然認識していたわけですが、なかなか利用する機会が無かったんですよね。そんな折、妻のクレジットカードのポイント交換で得た、”撮影料”3150円が無料というチケットの有効期限が迫るという、なぜだかよく分かりませんが追われるような形で、スタジオアリスのデビュー戦を迎えたわけです。

値段が高いという噂

行く前に、妻からスタジオアリスのhow toの説明を受けました。

・料金体系:

ざっくりこんな感じの説明を受けました。スタジオアリスHPから拝借。

2013-06-18_0054

うーん。撮影料が無料ってのは安いのかが謎。例えばって、¥36,950-ですけど…写真ってこんなものなのか?

・システム

撮影用の服は選び放題、撮影もし放題。撮影し放題ということで、時間に制限があるわけでもない。逆にいうと、他の人の撮影が長引いて大幅に所用時間が増えることも有。つまり、帰る時間は読めないと。むむ。写真撮影ってこんなものなのか?

・ミソ

衣装が借り放題だからといって、撮影しまくっちゃうと、その中から選ぶ時間もかかるし、アレもコレもなんてやってるとあっという間に5万円6万円とお金がかかるから、サッと決めてサッと帰るよ、と。はい。  

というわけで出発。

着いたら、事前の妻からの説明の通り、まー服が多いこと多いこと。サムライジャパンからディズニー系の服、七五三の時に着るようなオシャレな服まで沢山あります。こういうの、好きな人は好きなんでしょうね。せいぽんは、自分自身が何度も試着することが嫌いなのでサクサク決めたいな、・・・と思ってたら、さすが我が子(長男)、開口一番「バズライトイヤー!」を指名。あともう1つ、いわゆる七五三的なちゃんとした(?)服の2つを選んで、ものの5分程度でチョイス終了。妻と子どもたちはお着替え部屋へ吸い込まれて行きました。

#ちなみに、店員さんに聞いたところによると、ディズニーをイメージした服を着て写真を撮れるのは、日本ではスタジオアリスだけなんですって。といっても、ライセンス料がかかって、写真1枚購入ごとに1000円強かかるという、お客様泣かせの料金体系となっています。おまけに、背景やらポーズやらはディズニーが細かく指定したものにしないといけないとか。さらに、兄弟での撮影時、一人がディズニーもので、もう一人が別の洋服で撮影とかもNGっていう制約まであるんですって。。さすがディズニー・・・。

少し前に書いた、以下の文章を思い出しましたよ。

ディズニーのライセンス手法を自由度が限られる米アップルの「iPhone型」になぞらえるなら、サンリオのモデルは米グーグルの「アンドロイド型」だ。

参考エントリ:

キティちゃんよ、いつの間に・・・ | ikuzine

 

写真撮るのってこんなに難しいものなのか

待つこと数分。しばらくするとお着替え部屋から長男の泣き声が・・・

何かと思ったら、バズライトイヤーの服が暑いと・・・

確かに真夏に真っ黒のアンダーシャツ来て、バズのゴテゴテした服を着ようとしたらそりゃ暑いかもなぁ・・・。

このスタジオアリスで写真撮影するという機会がどれだけ貴重かは露知らず、普段は大好きなバズに対して、「バズ、暑い!」と泣き叫ぶ長男。結局、そのまま落ち着く事なく、結局、写真は長男抜き、悠然と構える次男だけで撮影。嗚呼。

「もう少し、写真撮影とは何ぞやみたいなことが分かるようになってから来たほうが良かったのか?」、

「服を着て暑いなんてことはないよう寒い時期に来ればよかったのか?」、

と普段は全く感じない写真撮影そのものの難しさを痛感。

#ちなみに、スタジオアリスデビューの子どもは、お着替えする部屋の雰囲気そのものが慣れないそうで(圧迫感がある?)、ストレスを感じちゃうそうです。

いやー、苦い思い出が残りました。しかし、長男よ。将来、写真に自分が写っていないからといって泣き叫んでくれるなよ。

体験後記

せいぽんのスタジオアリスデビュー戦の感想。ざっくり言うと、やっぱり値段は高い、そして、写真撮影って難しいな、の2点なのですが、妻が言っていた内容が腑に落ちたので会話ベースで紹介。確か、こんな会話を。

(妻)「いやー、スタジオアリス。高いというか、ちょっとちゃちい感じがした。あれであの値段ってちょっと・・・、って感じ。」

(せいぽん)「あー、確かにチェーンっていう感じはするね。決して洒落てる感じではない。大量出店、大量撮影な戦略だよね。」

(妻)「ホテルの写真屋さんとの違いは、服を自分で持ち込むか、借りるか、でしょ。スタジオアリスの強みは借りれる服が多いし、試着自由、撮影し放題っていうことなんだろうけど、それには満足出来ない人なんかがプライベートフォトスタジオなんかを利用するんじゃないかしら」

(せいぽん)「なるほどー」

(妻)「でも行けて良かった!やっぱり行かないと分からないし。沢山服を着れて写真撮影しまくれるというのが好きな人にとっては良いんだろうね。」

#ちなみにプライベートフォトスタジオとはこんなイメージのようです。

赤ちゃん写真館子供写真館フォトスタジオまとめ – NAVER まとめ

何事も経験ですね。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket