[体験記]獣電戦隊キョウリュウジャーショー

LINEで送る
Pocket

行ってきましたよ、獣電戦隊キョウリュウジャーショー!まさか、せいぽん自身がこういうモノに行くことになるなんて…自分でも驚きです。

感想はですね、想像以上に良かった!いや、ホント。

雷鳴の勇者キョウリュウゴールド見参!! | 東京ドームシティ|ヒーローショー|トップページ

 

 

内容はいわゆる戦隊モノでヒーローたちが悪役と戦うってなやつで、真新しいわけじゃないんですけど、子どものはしゃぎ様が凄い!それは自分の子どももそうだし、会場中の子どもがもう一体感を持って大声張り上げてはしゃいでて。それを見ているだけで、「あー、来てよかったな」癒されてしまう。そんな空間でした。

正直、2歳や3歳くらいの子どもたちにとっては、シルクドゥソレイユよりも、戦隊モノなんでしょうね。TVじゃなくてリアルで見ると、音と映像の効果もあってか、迫力も増しますもんね。

1500円って最初は「高っ!」って思い巻いたけど、子どもにこれだけ満足をプレゼント出来るんなら、まぁいっかって感じ。

いやはや、納得です。

ほんだらのー!

#追記

会場にあった、過去の戦隊モノの歴史の写真をパチリ。さすがに全部は取りきれませんでしたが、各戦隊モノの名前を振り返ってみると、”キョウリュウジャー”という名前がまともに思えるから不思議。(だって、バイオマンとかデンジマンとかダイナマンとか・・・失礼ですけど、正直、適当につけてるとしか思えないでしょう)

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket