ありそうでない、子どもの習い事情報ポータル

LINEで送る
Pocket

せいぽん家の長男は、5月から体操教室に通い始めましたのですが、育児を始めていくつか思う疑問の1つが、「子ども向けの習い事情報ってどこに纏まってんだろう?」ということ。

「今でしょ!」で有名な東進ハイスクールのように全国規模の総合スクールがあれば、そこ経由でいろいろなことが知れるんでしょうけど、子どもの習い事ってどうしても地域密着/小規模運営、おまけに数は多数とあってか、纏まった情報ってありそうでない気がするのですよね。大人ならケイコとマナブでしょうけど、ね。

とそこに飛び込んできたこんなニュース。

習い事の月謝、リクルートが集金代行 カード決済

~請求から入金まで一括管理が可能に~   月謝が自動で支払われるオンライン月謝袋 『お月謝くん』 5月8日(水)よりサービス開始

 

内容を日経新聞の記事から抜粋。

リクルートホールディングスは子どものけいこ事などの月謝をネット上で一括して集金するサービスを始める。毎月クレジットカードの自動引き落としで徴収し、習い事を運営する事業者に納金する。

小規模な教室の多くは現金で徴収しており、支払いの遅れや子どもに現金を持ち歩かせることに伴うリスクがあった。リクルートは大口にまとめることでカード手数料などを低減する。

(中略)生徒情報や入金状況の管理は無料。決済完了後に決済額の約4%の手数料をリクルートに支払う。教材費など月謝以外の請求にも対応できる。同様のサービスは国内初という。

カード決済は読み取り機などの初期投資がかかるほか、小口契約ではカード手数料が割高になる。このため小規模な教室に利用が広がっていなかった。リクルートは集金代行サービスを通じて、習い事専門紹介サイトの利用促進を狙う

これは上手いなと思いました。決済代行を担うことで、習い事学校やスクールの情報を吸い上げて、その情報を求めている人に展開する。パワープレーの営業力を活かしたいつものリクルートとは違う、ちょっとスマートなアプローチですよね。上手くいくか注目したいところ。

で、そもそもリクルートに、子ども向けの習い事情報って本当にないのかしら・・・と思って調べてみたら、あれ?これは・・・

ケイコとマナブ.net 子供の習い事特集

と思って、いろいろサイトを探索したのですが、うん、やはりあのリクルートをもってしても、今時点では全国津々浦々の情報を集めきれてはいないみたいですね。(情報が揃っていなさすぎ…それでも公開している姿勢は、「これからバッチリ集めたるで〜」という意気込みを感じさせます)

今のところは、なんだかんだ市区町村の定期刊行物なりHPなんかが手堅い情報源なのかも。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket