[体験記]キドキド(ボーネルンド運営)

LINEで送る
Pocket

自称週末イクメンブロガーのせいぽんは、現在2歳の長男とそこかしこの遊び場に行くのがもはや趣味となっています。

そんな今日は祝日ということもあり、子ども向けの遊び場、キドキド(KIDOKID)に行ってきました。(せいぽんが行ったのは、東京都/南砂町SUNAMO店)

 

 

これ、実はボーネルンドが運営しているんですね。

「ボーネルンドって何ぞや?」という方もいらっしゃるかと思いますが、ボーネルンドとは、子ども向けの玩具/用具を売っている会社。百貨店の子ども用品売り場や、六本木ヒルズなんかに店舗があって、このボーネルンドの紙袋を持っていると、「あ、あの人、ボーネルンドで子ども向けに何か買ったな。自分の子どもかな、それともプレゼントで誰かにあげるのかな?」とリア充羨ましい的な視線を浴びることが出来る、そんな会社です。

 

 

キドキドに行ったのは初めてでしたが、思った以上にコンパクトにいろんな遊び場が纏まっていて、楽しかったです。勿論、子どももワンパクしてましたので、満足度高いことでしょう。

 

 

ちなみに、こちら、料金システムとしては、東京都/水道橋にあるアソボ〜ノと同じで、こんな感じ。

 

 

参考エントリ)あそぼ~の!(ASOBono!)体験記

 

アソボ〜ノは、東京/水道橋にありますが、エリア的に遠い方はキドキドで全く問題ないと思いました。アソボ〜ノの方が規模は大きいけど、キドキドのほうが身体を動かす遊具は多い気がする。どっちもオススメ。どっちも子どもは喜ぶと思うよん。

ほんだらのー!

#悲しいかな、帰りに、子どもに「キドキド、何が一番楽しかった?」と聞いたら、(キドキド後に一緒に遊んだゲームセンターの中の)アンパンマンの太鼓!」と言われたことは秘密です。

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket