[体験記]アンパンマンミュージアム(横浜)

LINEで送る
Pocket


2歳半の我が子は、目下、アンパンマンを溺愛しています。

聞くところによると、アンパンマンは2,3歳くらいの子供たちに対しては最強なコンテンツらしいのですが、5歳くらいになると、「アンパンマンにハマっていることがバレると恥ずかしい」という、ユニバレ(ユニクロの服を着ていることがバレて恥ずかしいと思うこと)ならぬ”アンパンマンバレ”という気持ちが生じるようで、このアンパンマンに夢中な時期は貴重だと感じる今日この頃・・・

ということもあり、「これは今のうちにアンパンマンミュージアムに行かなきゃいかん!」と思い立ち、早速行ってきました。

 

 

いやー、行ってみての感想/体験記ですけど、、、

アンパンマンって凄いですね!

いつも子供がアンパンマンパンチを食らわしてくるんで、言うまでもなく子供に人気のキャラクターだというのは理解しているんですが、改めて、日本において、ディズニー以外で、幼児に最も愛されているキャラクターの1つだなと思いました。

ピクサーのようにディズニーから買収提案来てたりして・・・なんて妄想もしちゃいましたよ。

しかもキャラクターが1,768もいたなんて知ってましたか?

 

それがなんとギネス記録・・・

 

 

そして、このアンパンマンミュージアムも凄い。一言でいうと、ディズニーランドのアンパンマン版。だってミュージアム内のこの絵なんていかにもディズニーっぽいでしょ?

 

 

アトラクションはあまりないし、コンパクトだけど、アンパンマンの豊富なキャラクターと遊んだり、踊ったり、グッズを買ったり、アンパンマンのパンを食べたりいろいろ出来ます。ミュージックもずーっとアンパンマン一色で、その場にいるとアンパンマンをもろに布教されているような感覚に陥ります。

でも、クオリティは高い。一度行ってみて損無し。

 

 

最初は「2歳児からもばっちり入場料1000円取っちゃうの?!」と思いましたが、

 

 

様々なキャラクターと写真も撮れるし、

 

 

声優さんみたいにアンパンマン声な人と踊れるし、

 

1つ300円以上のジャムおじさんのパン工場のパンもクオリティは確か。お土産セットで8個くらい入ってるものも売ってました。

 

 

トイレもこんな感じで本気度合いが伝わってきます。

 

 

#参考エントリ:他の子供向け施設のトイレはこうだった

 ・ディズニーランドホテル:ディズニー三昧 |  ikuzine [イクジン]

・レゴランド:レゴランド体験記 |  ikuzine [イクジン]

 

午前中はそれほど混雑しておらず空いていて歩き易かったです(ベビーカー置き場もちゃんとあります)。

一応、気になった点を2つだけ書いておくと、

(1)冬だから気になったのですがお手洗いはお水だけ(温かいお湯が出ない)

(2)ジャムおじさんのパン工場では、お手拭きをくれない

というのはありましたが、まぁ、それは、気になるっちゃー気になる程度のもの。

アンパンマンミュージアム、是非!

そして、実は同じ最寄り駅にある、原鉄道模型博物館も是非。体力さえあれば、一日でアンパンマンミュージアムと原鉄道模型博物館の両方行くことも問題ないと思いますよ。

原鉄道模型博物館訪問記 |  ikuzine [イクジン]

横浜は、みなとみらいも含めて子供向け施設が充実していていいですね。

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket