理科の教科書に「ユーグレナ」、載るね(『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。|出雲充』より)

LINEで送る
Pocket

遅ればせながら、せいぽんも、ミドリムシベンチャー、読みました!

各所で書評なり感想なりがアップされていますが、せいぽんも気になったところをいくつかメモしとくです。まずは、ミドリムシを食品や化粧品として事業化されているミドリムシ系商品の振り返り。そういえば、最近ミドリムシミドリムシって聞くけど、全てこのユーグレナ様の事業の成果物だったのですね。知らなかった。

 

続いて、なぜミドリムシ、ミドリムシと、著者の出雲さんが連呼することになるのかの大きな背景がこちら。

植物と動物の間の生き物で、藻の一種でもあるミドリムシは、植物と動物の栄養素の両方を作ることができる。その数は、なんと59種類に及ぶ。

しかも体内に葉緑素を持つため、二酸化炭素を取り入れ、太陽のエネルギーから光合成を行うことができる。すなわち、CO2削減という意味でも、救世主となりうる。さらにそれだけではなく、ミドリムシが光合成により作り出し、体内に蓄えた油を石油と同じように精製すれば、ロケットやジェット機の燃料として使えるバイオ燃料が得られる。

食料、栄養、地球温暖化、エネルギー。これら途方もない問題は、ミドリムシが解決するのだ。

そして、ミドリムシの培養がなぜ難しいのかがこちら。

簡単にいえば、ミドリムシは、「美味しすぎる」のだ。生物学では、「バイオロジカリー・コンダミネーション」(生物的な汚染)と呼ぶが、培養している間に、他の微生物が侵入してきて、あっという間にミドリムシを食い尽してしまうのである。

と難易度は高いものの、日本の研究者もミドリムシの培養には過去、果敢にチャレンジしてきたそうです。しかしながら、大きな成果を残せないままプロジェクトが中止。そして、成果が出しづらいがゆえ、日本の研究者はもうミドリムシに手を出したがらなくなってきたと。

中堅と若手の研究者がいないということは、その技術者の進歩が、パタッと止まるどころか、衰退していくことを意味する。(中略)そもそも農学部自体が「ダサい」というイメージで不人気だった時代が長く続き、研究者の「後継者問題」には頭を悩ませている。農学という国力を支え、また他国に比べても日本が優位性を持つ分野でも、研究者がいなくなれば、それまでの蓄積は簡単に失わせてしまうのだ。

ふむ。

なんだかんだ個人的には次の一文が驚きかな。2005年ってせいぽんが社会人デビューした年なのですが、この時にまさかミドリムシの大量培養に成功だなんてね。ほんと、「つゆ知らず」ですよ。

2005年の12月16日、ついにミドリムシの大量培養に成功。

そして・・・

これから僕たちが発表するだろうニュースの中で、最も話題となるだろうと思われるのが、国産のミドリムシから抽出した燃料で、ジェット旅客機を飛ばすことだ。

いやー、個人としても応援したくなる事業内容。普通の医薬品メーカーや化学メーカーには心躍らない文系の自分でも、ユーグレナに興味を持てるのはやはりビジョンが分かり易くて、夢があるからなんだろうなと思った。将来、理科の教科書のコラム欄に載れば、子供が見て前向きさや勇気を貰えるような気がします。

というわけでユーグレナ、注目です!

ほんだらのー!

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket