[体験記]ディズニーの記憶

LINEで送る
Pocket

 初日(=土曜日)は散々だった。家族イベントでディズニー。ディズニーなんていつ振りだろう。ウキウキしながら家を出るけど、外はポツポツ雨が降ってる。

昼過ぎにディズニーランドホテルに到着。昼飯食ってヌボーっとしてた。チェックイン開始は15時。「あと2時間程度、何をして過ごせばいいのよ。」。そんなことを考えていると、「自分はディズニーの近くにいるのに何て無駄なことをしてるんだろう」と思ってきた。「こうなりゃ行くっきゃないでしょ、ヤホー」とディズニーランドに繰り出した。

最初は良かった。テンションも上がった。

と思った。

が。

スペースマウンテンに100分待ち。

まぁ、こんなもんだろう。とりあえず、何も知らないまま並んだ。並んでいる間はスマートフォンをいじりつつ、日経新聞を読んでいた。周りにいる暇そうな人を見ては、「何で、皆小説とか持ってこないんだろう。時間の無駄じゃね?」と考えていた。そうこうしつつ、まだかな、まだかなーと思いながら待ってると、縦横斜めから雨が降りつけてきて、新聞はズタズタにされた。それでも折り畳み傘でなんとか頑張った。と思ったが、パーカーの背中は雨で冷たかった。屋根が欲しい。そんなことを考えていた。

ようやく、スペースマウンテン乗り場に近づいてきた。外の放送は、日本語の後に英語、が流れていた。中国語はまだ無いんだな~と思いながら、周りを見渡すと確かに中国人は少ない気がした・・・と思ったが、中に入るとしっかり日本語の後に英語が流れ、その後に中国語が流れていて、「スペースマウンテンよ、おまえもか」と思った。

100分程度待って、スペースマウンテン乗車時間は5分くらい。どこかの病院と同じだ。せっかく2DAYパスを買ったのに、このままだと大損だ。

そう考えてもう1つ別の、何らかのアトラクションに乗ろうと思ったが、雨に濡れてジーパンも重たい、折り畳み傘は瀕死の重傷、こんなところで風邪を引く訳にもいかんというわけで撤収。

こうして、スペースマウンテンに約4000円を費やしてジ・エンドとなった。

東京ディズニーランドホテルは豪華だった。部屋もせいぽん家より広い。快適過ぎるくらい快適だった・・・が、すぐに息子とともにダークサイドに堕ちた。

堕ちながら、せいぽんは思った。

「だから、ディズニーはダメなんだ。何で、100分も並ぶところに屋根がないんだ。雨で濡れてまうやろ。」

いつもと変わらない、ディズニーの印象だった。

2日目を経験するまでは。

[体験記]本気ディズニー(ディズニーシー/プレミアムツアー) | ikuzine

Seipon

ikuzine”は、”イクジン”と読んで、その由来は、ご想像の通り、「育児」。ikuji + magazine = ikuzine、と名付けました。
…と書くと真面目なサイトのようですが、カジュアルな子育てネタを自己満足的に発信するサイトです。子育てネタ以外も混じることがありますが、ご容赦を!
LINEで送る
Pocket

関連するキーワード: , ,